What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから

講演会等

 

今後の一般対象講演予定(どなたでも参加可能な講演をお知らせいたします)

 

8月28日(金) 八尾こころ塾 19:00~

 

     宇宙の話「銀河浴写真最新作紹介(アメリカ先住民と宇宙)

                        星の誕生と進化その1 」

 

        特別企画:望遠鏡で満月を見ます

 

             10cm屈折双眼接眼装置で美しい満月を堪能して    いただきます。ぜひこの機会をお見逃しなく。別世界に行ってみませんか。

 

             講演は有料になっています。千円(銀河浴写真付)

                         (小学生以下無料)

 

八尾で連続講演を行っています。

第一回は2012年12月18日に行いました

約二ヶ月に一回行います。

   「宇宙 自然 命」がテーマになります

この講演会は2015年から諸般の事情で有料になります。

ご了承ください 

 

講演予定  2015.7.18(土)日時未定

      福島県白河市聖岩野外研修センター

       オープニングセレモニー

       「我々は銀河の中に生かされている」 

 


 

 

 過去の講演

 2011年度以降 講演,講話、出前授業

 

 「我々は銀河の中に生きている」      長崎県立島原商業高校(2学年)

 「我々が居るところ」           明徳義塾、高知南ソフトテニス部

 「我々は銀河の中で生きている」          沖縄尚学中学校(3学年) 「宇宙からの視点に立つ」                  沖繩那覇リウボウホール

「我々は銀河の中で生きている」          沖縄県立名護高校(理系)「我々は宇宙の中に生きている」        第4回中途失聴難聴者の集い                                                                  兵庫県三田市総合福祉保健センター

 「我々は宇宙の中で生きている」     第14回大阪市立図書館                          フェスティバル講演会 鶴見図書館 「宇宙から自分を観る」                    滋賀県綾羽高校(3学年)

 

2012 

「宇宙からの視点に立つ」           福岡富士フィルムフォトサロン

「銀河浴写真の意味するもの」        福岡富士フィルムフォトサロン

 「宇宙はスゴイ 人もすごい」             福島県南相馬市銘醸館

「宇宙はスゴイ 人もすごい」          沖繩那覇市リウボウホール

「宇宙の中に生きる」           愛媛県今治工業高ソフトテニス部 

「ソフトテニス戦略の基本的な考え方、我々がいるところ」

                   北海道札幌国際情報ソフトテニス部 

「我々は何故ここにいるのか」        香川県高瀬高校ソフトテニス部

                      高知県小津高校ソフトテニス部

「みんな銀河の中に生きている」      加古川市立少年自然の家宇宙講座

「宇宙からの視点に立つ」          宮城県私学高校事務職員研修会

 

2013年

「地震津波の基礎知識」八尾市防災週間        大阪府八尾市市役所

「わかりやすい宇宙と人間の話」           沖縄リュウボウホール

「よくわかる地震と津波」              沖縄リュウボウホール

「宇宙の中に生きる」                福岡市海凛坊

「宇宙の中に生きるとは」              兵庫県姫路市妙行寺

「わかりやすい地震津波の話」            長崎市ブリックホール

「宇宙の中に生きるとは」              長崎市ブリックホール

「わかりやすい地震の話」             大阪中川企画建設研修会

「我々はなぜここにいるのか」           大阪中川企画建設研修会

「宇宙の中に生きる」            名古屋松ヶ根幼稚園PTA研修会

「我々はなぜここにいるのか」   東京神楽坂ギャラリー時間を無くした日の

                                                               祭り実行委員会

「宇宙に生きる視点 客観視」              大阪八尾こころ塾

「宇宙の話」               大阪八尾市立中高安小学校56年

「宇宙の話」               大阪八尾市大正小学校45年

「地震の話」                  大阪八尾市立中高安小学校

 

2014年

「銀河浴写真の登場 地球照から学ぶこと」         八尾こころ塾「君たちに伝えたいこと 宇宙の視点から」    奈良県生駒市立光明中学校

「銀河浴写真の登場 地球照から学ぶこと」         八尾こころ塾「わかりやすい地震の話 自然から学ぶこと」        八尾こころ塾

「宇宙の視点に立つ 人もすごい」    滋賀県綾羽高校教員PTA人権研修会

「宇宙からの視点に立つ」            三重県伊賀上野市悠々講座

「自然と共に生きるとは」             福岡市ギャラリー海凛房

「風はなぜ吹くのか 自然の中に生きるとは」         八尾こころ塾

「Given lives in the Galaxy」    大阪市大主催ユネスコ共催2014年度

          「包摂型創造都市と文化多様性」 大阪国際交流センター

「銀河浴写真と宇宙観」              福岡市ギャラリー海凛房

「自然の中に生きるとは 水の話」              八尾こころ塾

「銀河浴写真最近の作品 月の話その一」           八尾こころ塾 

 「宇宙に生きる喜び」   近畿公立中学校校長会修学旅行研究大会奈良春日荘

 

2015年

「銀河浴写真最近の作品 月の話その二」           八尾こころ塾

「宇宙に生きる意味」 浅口市宇宙自然講座     岡山県浅口市中央公民館

「宇宙の話 月その3」                   八尾こころ塾

「我々は銀河の中に生きている」           東京東急百貨店吉祥寺

「宇宙の話 月その4」                   八尾こころ塾

「宇宙の話 月その5」                   八尾こころ塾

「宇宙の視点に立つ」       福島県白河市聖岩オープニングセレモニー

 

 

 

講話、出前授業承ります 

 

 今まで学ばせていただいたことの概略を下に記しました。宇宙のことだけでなく 地震、気象、スポーツ、命等についてもお話を承ります。特に大震災に見舞われながらも日本の学校教育は授業で地震津波の基礎知識を取り上げようとしません。その動きすらまだありません。私は30年以上高校で地学を教えてきました。私の後には地学の先生はほとんどいません。

 今や地学教育は風前の灯火です。知識があればもう少し人命を救えたかも知れません。このことがやりきれません。せめて小学校の先生には地震の知識を獲得していただきたいので動きを開始しました。皆さんの所へも必要とあらば参ります。お気軽にお声をおかけください。私の基本姿勢は「生きることの素晴らしさを感じていただく」ことです。人数の多少構いません。お気軽にお声をおかけください。どこへでも参ります。問い合わせページの連絡先Eメールをご利用ください。メールを頂ければこちらからすぐ連絡を差し上げます。電話番号等もお願いします。

 

講演内容  時間は相談によります

 

「宇宙の基礎知識」40分~600分)

 宇宙について人間は長い時間をかけ多くの研究者によりいろいろなことを明らかにしてきた。それら積み上げてきた成果をわかりやすく解説し宇宙をただ漠然と想像すらできない世界として置くのではなく。正確な知識を下に我々人間にとってはやはりすごい世界であることを認識する。

 

天の川とは何か 

天の川と銀河系の関係

天の川の見え方

天の川と星座の関係

天の北極と南極と銀河系

銀河系の中の太陽と地球の位置

地球、月、太陽系について大きさと位置、距離の関係

人間生活と宇宙、歴の関係

 銀河系と局部銀河群の規模と距離的な関係

 宇宙の歴史 始まりから未来 ビッグバンからビッグリップ

 宇宙で最初の星 ファーストスター、ブラックホール、銀河の形成

 宇宙の大きさや測定方法

星までの距離の様々な測り方

 素粒子の世界、ダークマター

 星の誕生 進化 死

 

「知的生命と宇宙に生きる意味 人間の無限の可能性」40分~120分)

 

 宇宙の基礎的な知識を学び宇宙の大きさや想像すら困難な世界を改めて認識すると、次に生じる大きな謎「我々は何故ここにいるのか」という難問が待ち受ける。宇宙の中では存在すら確認が難しい小さすぎる地球。その上に暮らす70億ものさらに小さい知的生命人間。我々の存在は意図的か偶然か、存在理由はあるのか。途方もない問に見える。しかし意図的にしろそうでないにしろ我々がこの宇宙に生きる意義や目的があるものと考えてしまう。いないに等しいほど小さな生命体であるがよく見るとそれぞれひとりひとりには素晴らしい能力がある。それもひとによってみな異なる。特定の人間だけが持っているのではない。これを今の人たちは認識していない。生きることの素晴らしさを忘れている。ともすると世界中がそれぞれお互いを間違って評価している。テストや運動能力、芸術など狭い範囲にとらわれてまるでお金にならない人間は評価が低いのである。科学万能主義の弊害でもある。これに外れた人々は生きる自信すら奪われている。このような地球では人間は生きることを楽しめるはずがないのである。現在の日本に活力はあるのか。自らの命を絶つ人が絶えない社会はまだまだ未熟すぎる。一人ひとりが宇宙というすごい世界に生を受けたことを自覚し 人間は宇宙から造られ皆すごい能力を持っていることを理解し自信を持って人生を楽しんでほしいものである。そしてこの大宇宙には我々と同じような知的生命がいるのか、いるのであればどのくらいであるのかを科学的に想像してみる。

 

(最近のケースは「宇宙はスゴイ 人間もすごい」というタイトル等で宇宙の基礎知識と人間の素晴らしさ、人間の成長の無限の可能性、宇宙で生きる意味についてを90分前後で銀河浴写真も紹介しながら話をさせて頂くケースが多いです)

 

 

 

「天体写真と銀河浴写真の撮影方法」30分~60分)

 

思いが込められている写真は見る人にその思いが伝わる

人間は何故宇宙の写真に惹かれるのか

 

 夕暮れや未明の風景写真から夜の天体写真の撮影方法

 天体望遠鏡と赤道着を利用した天体の撮影方法

赤道儀を使用した星景写真の撮り方

天体望遠鏡のしくみと撮影機材の選び方

海外(南半球)での天体写真撮影の方法

 銀河浴写真とは   写真の役割

 

 「地震の基礎知識」30分~120分)

 

  私が生まれ育ったのは地震が多い宮城県仙台市。子供の頃よりよく地震を体験していた。子供心に怖さと同時に地面が動くことへの面白ささえ感じていた。大学で地球物理を学ぶにつれ地震の仕組みと地球のダイナミックな営みが見えてきた。

我々は小さな惑星に住み地震を驚異に感じていますが地球にとってはささやかな変化である。ごく当たり前の現象である。そのことをよく理解し、特に日本で暮らすには避けられないものであることを覚悟し地震や津波の知識を身に付け対策を自ら考えるべきである。

地震についての基礎的な知識を持つことで不要な不安や焦りを防ぎ地震発生時に冷静に対応することが可能になる。

 大宇宙の視野に立つと地球など埃や塵のサイズ以下である。その表面で巨大な地震、津波、強烈な台風、何が起ころうと小さすぎて変化を認められないほどである。しかし人間にとっては数十cmの津波でも、震度3でも大きな変化である。しかし大自然の力は我々人間にとっては如何ともしがたい驚異であることを自覚し過去のご先祖たちが悟っていたように自然には立ち向かうのではなくそれを畏れ敬うことがかかせないのではないかと考える。文明は人間に様々な恩恵をもたらしたが、反対に多くの大切なものを奪ったとも言える。

兵庫の大震災と今回の東日本の大震災を通して見えてきたことを中心に地震、津波、自然と人間生活についても言及する

 

 地球内部の構造とプレートテクトニクスの仕組み

地震が起きる仕組み

地殻の原因と地形

 地震波の種類と性質

地震波の速度と地下構造の関係

地震を感じた時に自分で得られる情報 

地震波の初動 押しと引きからわかること

地震と活断層の関係 押しと引き

 地震の予知について

津波の発生を自分で判断する方法

 津波の発生原因と性質

 地震や津波の災害対策と防備の考え方

 

 

 「気象の基礎知識」40分~240

 

   誰が風を見たでしょう ぼくもあなたも見やしない けれど木立を震わせて風は通りすぎてゆく」小学校で習った文部省唱歌である。この歌が幼い自分に風は見えないことをはじめて教えたのである。このことはその後の私に大きな影響を与えた。そして空気の存在をうすうす感じ始めたのである。大学で気象学を勉強していたとき風が吹くわけが突然わかった。この時の感動は忘れない。この時あの唱歌が浮かんできた。それから次々と天気や空の謎が解けてきた。地球規模の空気の動きがいろいろな影響を及ぼす。雲の発生の仕組み、煙突の煙のたなびき方、身の回りの不思議な現象は今ではよく仕組みが分かってきている。それはそれは楽しい世界である。

 この世紀は地球温暖化の驚異との戦いと言われている。地球シュミレータの予測では

百年後の地球は経済活動をかなり抑えて温暖化ガス対策をしたとしても700ppm(現在CO2濃度:370ppm)を超えざるをえない値が出ている。地球の平均気温が4度の上昇するだろうといわれる。これはとんでもないことが起こるのである。全て自分たちが原因の地球破壊である。このことについては待ったなしなのである。一方太陽活動の異変で地球が寒冷化する可能性もあるのである。どちらにせよ我々は自然に対する謙虚さを持ち共に生きる道を模索せざるを得ないのである。

 

 気圧とは何か。天気と気圧の関係

 風はなぜ吹くのか

 空はなぜ青いか 夕焼けはなぜ赤いか 雲はなぜ白いか

 日本の四季とジェット気流の関係

海洋と気象との関係

台風の発生と構造 進路

高潮 暴風津波について

 地球規模の気象現象

 オーロラ、宇宙線について

 地球温暖化がもたらすもの 新たな災害について

 今後予想される巨大台風について

 

 「スポーツと集中力」40分~120分)

 

 集中力を養う方法

勉強と競技力向上との関係

 心のエネルギーを高める方法

 心を如何に育てるか

 心技体の割合が8:1:1である理由について

チームワークを育てることにより人間の無限の喜びを知る

 

「ソフトテニスから学んだこと」40分~180分)

 

高校のソフトテニス部の監督を30年以上勤めさせていただいた経験から何を学んだかを

紹介する。大阪では私学が常に台頭する中で公立高校として公式戦で団体優勝8回 個人優勝15回 インターハイ21回出場という成果をあげた。ソフトテニスは素人の教師がどのように選手を指導したのか、そして生徒から何を学んだのかをお話する。

 

 素人がまず取り組んだこと

 練習だけでは勝てない理由

 ソフトテニスの基本的な戦略と考え方

 リズム、ための技術と体の使い方の関係

 心の持ち方と戦術の関係

勝つために用意すること

チームワークのつくり方

 

 

「体験 交通事故からの生還に学んだこと」30分~60分)

 

二年半前の夜バイクを運転中、信号無視の車に衝突され脳内出血を起しながらも奇跡的に助かり 生死に対する考え方がそれまでとは大きく変化した。この体験を紹介する

 

死ぬとはどうゆうことか

 人が生きる意義と目的について

 生きる意味は幸せの追求にあり生きることはその挑戦権をもつことである

 人は知的生命であり知性を有す 知性は深い幸せを求めるためにある

 人間は無限に成長する可能性を持つ生き物である

  

 

 

講演「我々は宇宙の中に生きている」兵庫県三田市中途失聴難聴者の集い
講演「我々は宇宙の中に生きている」兵庫県三田市中途失聴難聴者の集い
講演「我々は宇宙のなかでいきている」宇宙からの視点に立つ 大阪市立図書館フェスティバル講演会鶴見図書館
講演「我々は宇宙のなかでいきている」宇宙からの視点に立つ 大阪市立図書館フェスティバル講演会鶴見図書館

感想文(島原商業高校生)

沖繩リウボウホール(2012.7月)
沖繩リウボウホール(2012.7月)